期間限定にてお鍋の配達をはじめます。

期間限定となりますが、お鍋の配達をはじめます。
お店で食べる鍋のお味をご家庭でお楽しみいただけます。
〆までしっかりと味わっていただけるよう桃里流雑炊、おじやの作り方もご案内しております。

この機会にぜひご利用ください。

知れば知るほどおいしくなるクラフトビールの世界【ヴァイツェン編】

桃里では日本酒やワイン、ウイスキーだけでなく、多種多様なクラフトビール(地ビール)も多く取り揃えております。

茨城県のクラフトビールだけでなく、日本全国のクラフトビールをお楽しみいただけるよう日々探求しております。

今回はクラフトビールブランド、コエドブルワリーさんから数種類のクラフトビールを入荷いたしました。
ぜひ、ご賞味ください。

COEDOビール

COEDOは、日本的な繊細な感性、勤勉で丁寧なビール造りで現在は世界の名誉あるコンテストで高い評価を受けるブルワリーです。その中でも、入門としてヴァイツェンである-Shiro-をメインに味わっていただければと思います。

ヴァイツェンとは

ビールには製造工程の違いから成る”スタイル”といものが数種類あります。
(厳密にいえば100種類以上あります。)

代表的なスタイルとして

・IPA
・スタウト
・ペールエール
・フルーツエール

そして
・ヴァイツェン

などが挙げられます。

ヴァイツェンはドイツ生まれの伝統的なスタイルです。
小麦を50%以上使い、苦みをほとんど感じない、小麦の香ばしさを感じることができる女性にも飲みやすい味わいです。

ビールは本来、大麦を使用します。
小麦は主にパンを作る際に使用します。
当時、小麦は食糧源として大変貴重な原料でした。
そのため、ヴァイツェンは豊作でなければ作ることのできない贅沢なビールとして貴重な存在でした。

ドイツビールの祭典オクトーバーフェスト

ドイツ伝統のビールの祭典がオクトーバーフェストです。

近年、日本でも毎年9月から10月にかけて開催されています。

ここではたくさんの新作クラフトビールを知り、味わうことができるビール好きにピッタリのイベントです。

美味しいクラフトビールを皆様に知っていただけるよう、桃里でも毎年参加させていただいております。

ぜひ皆様も一度足を運んでみていただけると幸いです。
より、ビールが美味しくなると思います。

数種類のヴァイツェンをご用意

COEDOのShiroをはじめとするヴァイツェンのクラフトビール数種類をご用意させていただきました。

ビールに合う日本料理とともにお楽しみいただけます。

3/24(火)、3/28(金)
春満開の味覚を楽しむ会でもお楽しみいただけます。

ぜひ、お越しくださいませ。

ご予約はこちら

桜を見ながら 春満開の味覚を楽しむ会のご案内

金目鯛のしゃぶしゃぶときんきの煮つけとともに。

穏やかな日ざしに、春の訪れを感じる季節となりました。

桃里では、桜と春の味覚でこの季節を存分にお楽しみいただけるお席をご用意いたしました。

お花見をしながら、今が旬の金目鯛のしゃぶしゃぶ、キンキの煮付けをシャンパン、熱燗とペアリングし、春を満喫していただきます。

是非おいでくださいませ。

ご用意させていただくお酒

クラフトビール

埼玉 コエド
コエド-Shiro-

島根 大山Gビール
ヴァイツェン

島根  松江 堀川地ビール館
松江地ビール

茨城  常陸野ネストビール
ヴァイツェン

USA Revision Brewing Company
REVISION

USA  Fair State Brewing
FAIR STATE

日本酒
大阪 秋鹿酒造
山田錦生山廃純米

鳥取 諏訪酒造
玉栄杉の雫純吟

福井 黒龍酒造
五百万石九頭竜純米

ワイン

Cremant de Bourgogne
Chardonnay brut NV

Champagne Patrice Marc
Chardonnay brut NV

Champagne BRUT NV
Veuve Clicquot

 

日程のご案内

・3/24(火) 19:00~
・3/28(金) 18:00~

お料理のみ:¥5,000-
ソムリエお任せコース(2時間):+¥3,000-
ワイン(又は、クラフトビール)2種・地酒3〜5種

ご予約はこちらから

水戸の酒蔵 明利酒類といばらき地酒ソムリエ認定試験

桃里でご案内させていただいた
いばらき地酒ソムリエ認定試験を受験して参りました。

会場は水戸、試験問題は全40問。
設問はバラエティーに富んでおり、日本酒の雑学、正しい楽しみ方から茨城県の地酒に関する結構マニアックな設問もあり、とても楽しみながら受験できました。

結果発表は3/18です。
果たして合格しているのか・・・
楽しみです。

水戸市元吉田町には「副将軍」「水戸藩」「別春」「百年梅酒」などで知られる酒造会社、「明利酒類株式会社」があります。

酵母を大切に酒造りに取り組んでおられます。

今回、酵母について勉強させていただきたくお邪魔させていただきました。
貴重なお話を伺いましたので、ご紹介させて頂きます。

日本酒を造るのに欠かせない「酵母」。
その中に「小川酵母(協会10号酵母)」という東日本では多くの酒造が使用する酵母があります。この酵母を生み出したのが、明利酒類株式会社です。その小川酵母にさらに改良を加えて完成した「M-310酵母」です。

明利小川酵母

当時副社長だった小川知可良博士が開発した酵母で、優良種をさらに選抜して純粋培養したものとのことです。
優れた香気(カプロン酸エチル)を造り、酸を造ることが少なく、低温でよく働くため、吟醸などの高級酒に向いている酵母として現在も全国で広く使われている由緒ある酵母です。

M310酵母

明利小川酵母を変異させた酵母です。
親株である小川酵母よりもカプロン酸エチルを多く生成するこの酵母は高い評価を得て、 M310酵母と名付けられました。
大吟醸など高級酒向けの優れた酵母として、全国の酒蔵で広く使用されています。

明利さんの敷地内には「梅酒と酒の資料館 別春館 」があり見学の方々を広く受け入れてらっしゃいます。

お忙しいところにもかかわらず、常務の小川眞幸さんが丁寧にご案内してくださり、そのお姿は、蝶ネクタイをつけとても紳士的で、誇りを感じました。

酵母の歴史や酒造りへのこだわりについて、日本における酒蔵の現状やこれからの日本酒のあり方まで、とても熱く語ってくださり、あっという間のひとときでした。

訪れた酒蔵さんの
日本酒に対しての情熱や
酒造りへの心意気やこだわりを
皆さまにお伝え致したく
桃里ではコラムにて
ご紹介させていただきます。

早春を告げる白魚が入荷しました。

早春を告げる白魚が入荷いたしました。
大変新鮮で由緒ある白魚です。

若々しい新酒の香りとスッキリとした飲み口の生酒と
ともにお楽しみください。

数量限定となっております。
ご予約をお願いします。

Click here for reservation

ご予約はこちらから

営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~22:00(L.O.21:00 )

定休日
水曜日

SAKECOMPETITION 酒の会のお知らせ

第一回 星とその先へ 古河の御慶事&大子の軍鶏料理

①特別純米酒

地元で栽培された酒米「日本晴」で造った、特別な純米酒。米の香りを残しつつも、すっきりとした飲み口。

使用米:茨城県産「日本晴」

精米歩合:60%

使用酵母:AOK-1

日本酒度:+2

酸度:1.5

合わせる料理:枝豆豆乳豆腐

②純米吟醸 夏の生酒

松のような、ほのかな酸の香り。甘さとスパイシーさを合わせ持つ、バランスの良いスッキリとした味わい。

•使用米:茨城県産「ひたち錦」

•精米歩合:55%

•使用酵母:SYS酵母

•日本酒度:–3

•酸度:1.5

合わせる料理:しゃも笹身刺身

③純米吟醸 辛口

軽く爽やかな青林檎のような酸の香り。ジリっとしてしっかりとした米味がテンポよく消えていきます。

•使用米:一番星

•精米歩合:55%

•使用酵母:AOK-1(7号系)

•日本酒度:+6

•酸度:1.6

合わせる料理:しゃもステーキ

④袋吊り斗瓶取り 純米大吟醸

冬晴の空の様な透明感。上品な甘さの中に深いコクを感じます。当蔵最高峰です。

•使用米:兵庫県特A地区産「山田錦」100%使用

•使用酵母:M-310(10号系)

•日本酒度:-2

•酸度:1.3

合わせる料理:山菜天ぷら

⑤御慶事 純米吟醸 雄町

岡山を代表する酒造好適米「雄町」穏やかな香りと、甘みと酸味が調和した、果実のようなジューシーな味わいが特徴です。

•使用米:岡山県産「雄町」100%使用

•使用酵母:自社酵母

•日本酒度:+-0

•酸度:1.5

合わせる料理:軍鶏鍋

⑥御慶事 普通酒 名醸金印

米の旨みが感じられるまろやかな仕上がり。地元の方々に長年愛飲されているお酒です。

燗をつけると米の甘さがふくらみ、さらに味わい深くなります。

•使用米:茨城県産加工米

•使用酵母:AOK-1

•アルコール度数:15度

•日本酒度:

•酸度:

•おすすめの飲み方:燗酒がおすすめです。

合わせる料理:しもつかれ

⑦2020年 三代目 二才の醸 純米吟醸

「二才の醸」は、埼玉県幸手市の石井酒造、新潟県新潟市の宝山酒造と、銘柄譲渡続けた日本酒で、御慶事とは別銘柄です。青木酒造は三代目の酒造となります。2020年、今季で専務が30歳を迎えるため、青木酒造で造る最後の二才の醸です。

•使用米:茨城県産ふくまる100%使用

•使用酵母:茨城県オリジナル•SYS酵母

•日本酒度:+1

•酸度:1.6

合わせる料理:モッツァレアチーズ ヒマラヤピンク岩塩

昨年度受賞のGOLD酒

【純米吟醸部門】GOLD 10点/SILVER 52点/予審通過 201点/部門出品数 578点

第1位 合資会社廣木酒造本店 飛露喜 純米吟醸
第2位 磯自慢酒造株式会社 磯自慢 純米吟醸
第3位 清水清三郎商店株式会社 鈴鹿川 純米吟醸
第4位 株式会社虎屋本店 七水 純米吟醸55 雄町
第5位 清水清三郎商店株式会社 作 雅乃智
第6位 仙台伊澤家勝山酒造株式会社 勝山 純米吟醸 献
第7位 青木酒造株式会社 御慶事 純米吟醸 雄町
第8位 高橋庄作酒造店 会津娘 純米吟醸酒 羽黒西64
第9位 高木酒造株式会社 十四代 中取り純米吟醸 愛山
第10位 今西酒造株式会社 今西 純米吟醸 朝日

今回の酒の会では昨年TOP10から数本、今年の受賞酒をできるだけ取り揃えてご提供します。

昨年、古河市の青木酒造さんの御慶事が受賞されています。

桃里では青木酒造さんを応援しています。

古河市の地酒、御慶事が SAKE COMPETITION 2019 で特別賞を受賞しました。

この特別賞を受賞したことで2020年東京オリンピック開催期間が重なる6月から3か月にわたり、JAL国際線ビジネスクラスで提供されます。

古河市が誇る地酒が世界中の人にお愉しみいただくこととなりました。

桃里でも御慶事を取り扱っております。ぜひご賞味ください。

Click here for reservation

ご予約はこちらから

営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~22:00(L.O.21:00 )

定休日
水曜日

旬を迎えた活越前蟹が入荷いたしました。

2月から3月にかけて旬となる活越膳蟹が入荷いたしました。

・お刺身
・蟹味噌
・甲羅焼き
・茹で上げほぐし身

をご用意させていただきます。

まるでチーズフォンデュのように、こうらで温めた蟹味噌をつけてお召し上がりいただけます。

数量限定となっております。

お刺身は12名様までです。

ご予約をお願いいたします。

 

おすすめのペアリングは青木酒造さんが手がける
古河の地酒 御慶事 しぼりたてです。

旬まっさかりの越前蟹としぼりたての日本酒をぜひご賞味ください。

御慶事は様々な日本酒品評会にて受賞しております。

Click here for reservation

ご予約はこちらから

営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~22:00(L.O.21:00 )

定休日
水曜日

古河市の地酒、青木酒造さんの御慶事がJAL国際線でご提供されます。

皆様こんにちは。
古河市の和食桃里です。

古河市には「御慶事(ごけいじ)」という地酒があります。
御慶事は同じく古河市の酒造会社、青木酒造さんが手がける純米吟醸酒です。

そんな古河市の地酒、御慶事が SAKE COMPETITION 2019 で特別賞を受賞しました。

この特別賞を受賞したことで2020年東京オリンピック開催期間が重なる6月から3か月にわたり、JAL国際線ビジネスクラスで提供されます。

古河市が誇る地酒が世界中の人にお愉しみいただくこととなりました。

桃里でも御慶事を取り扱っております。ぜひご賞味ください。

SAKEコンペティション

SAKE COMPETITION(サケ コンペティション) は、世界一美味しい市販日本酒を決める由緒ある品評会です。
 「ブランドによらず消費者が本当に美味しい日本酒にもっと巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念のもとに、2012年から始まりました。審査対象は市販日本酒のみで、審査方法は、完全に銘柄を隠し、日本酒の酒質のみで競うことに徹底しています。
ブランドや銘柄に左右されることなく、どんなブランドでも1位をとるチャンスがある品評会となっています。

青木酒造さんの受賞歴

受賞歴

2015年 SAKEコンペティション 3位入賞

作(ざく)や磯自慢を抑えGOLD賞を受賞

2019年 SAKEコンペティション 7位

御慶事 純米吟醸 雄町 が受賞し、JALにてご提供が決定

青木酒造 青木知佐さん

知佐さんが青木酒造を継ぐと決めたのは23歳のとき。
男社会と言われている「造り酒屋」の世界に飛び込みました。
7代目(父)は引き継いでもらえないと思っていたそうです。

知佐さんは「一生懸命作ったお酒を出来るだけ色々な方に飲んでいただきたい」という想いを持ち、「御慶事」を全国区にしたいとおっしゃていました。

まだまだ男社会の酒造り、できることは全部やってみて、駄目だったらそのあと考えるとポリシーを語っていただきました。

若者に日本酒の味、酒造りについて関心を持ってもらえるよう、味はもちろん、ラベルにいたるまでこだわり、様々なイベントを企画、参加していらっしゃいます。

「古河」は、古く「許我」(こが)と表記され、『万葉集』に当時の情景が二首詠まれ、奈良時代から渡良瀬川の渡し場として賑わっていたことが伺えます。

平安時代には、東日本最大級の“製鉄所”(川戸台遺跡)があり鉄や窯業の生産拠点でもありました。

室町時代後期から戦国時代にかけて古河公方の本拠地であり、江戸時代には古河城の城下町、日光街道の宿場町・古河宿が盛えていました。

関東平野の真ん中に位置していることから関東ド・マンナカ祭りの開催地となっております。都心へのアクセスや道路交通網の便が良い街として知られています。

近年では「日野自動車」を誘致するなど、製造業が盛んとなっております。古河市に根付く企業やお店が協力して行う街おこしは市民の皆様をはじめ近隣の方たちから好評を得ています。

七福カレー

古河市には唐辛子の取扱高日本一の企業「黒岩食品」があります。
同社では独自のカレー粉を製造しております。古河市にはこのように日本を誇る企業や歴史あるお店などが豊富です。

これらの企業やお店の協力を得て、街おこしとしてはじまったのが「七福カレー」です。

旧古河市内は「七福神」が祀られており、七福神めぐりを楽しむことができます。
カレーの付け合わせといえば「福神漬け」、唐辛子といえば七味ということでカレーとコラボは大変相性が良く、各店舗で七種の具材が使われたカレーを楽しむことができます。

はなももウォーク

古河市は2000本の花桃が植えられており、「日本一の花桃の里」として知られています。

江戸時代、古河藩主の土井利勝が、領地に桃を植えさせたことに由来します。そんな花桃と、古河市の歴史を知っていただくためのイベントはなももウォークは毎年開催されております。

ラムサール条約に登録された渡良瀬遊水地や古河の城下町を歩くウオーキングイベントとして毎年たくさんの参加者がいます。

茨城県は日本酒に力を入れています。​

実は茨城県は日本酒に力を入れています。
茨城県産の日本酒の認知度の向上させ、消費活動の活性化を図っています。その一環として、
「いばらき地酒ソムリエ認定試験」というものがあります。

この認定試験は、地酒について語り、おすすめできる知識をもった
「いばらき地酒ソムリエ」を認定する制度です。

無料で受講できます。

今年の応募は間に合いませんが、毎年やっていますのでぜひ受講してみてください!

桃里でもサポートさせていただきます。

桃里酒の会のお知らせ

ご予約はこちらから

桃里では毎年、日本酒をもっと広く知っていただけるようなイベントや情報を公開しております。 2020年SAKEコンペティションでの受賞を皆さんと共に応援させて頂きたいと思い、桃里にて酒の会を企画しております。 この会では、御慶事はもちろん、ソムリエが厳選したまだ世に知られていない地酒や2019年SAKEコンペティション受賞酒を出来るだけ取り揃えます。SAKEコンペティションの傾向と嗜好をお話ししながら、日本酒に合う、旬なおつまみをご用意させていただきます。 開催は2020年6月23(火)を予定しております。

真冬が旬の高級魚、クエが入荷いたしました。

真冬に旬を迎える幻の高級魚、九絵(クエ) が入荷いたしました。
美しい白身が奏でる上品な味わいが魅力です。

薄造りや唐揚げ、お鍋、
しゃぶしゃぶでご用意させて頂きます。

塩焼きトリュフ添えは、シャンパンとのペアリングもおすすめです。

是非いかがでしょうか
ご予約にて承ります。

Click here for reservation

ご予約はこちらから

営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~22:00(L.O.21:00 )

定休日
水曜日